京都の街の看板規制は厳しいものです

京都市の看板、市の取り組み方が非常に厳しくなっています。そこには、美しい景観を守り続けることで、50年後や100年後の未来へと引き継ぐ新景観政策を行なっています。そのため、市側から「京都景観賞屋外広告物部門」を創設されました。町並みにふさわしい看板等を表彰し、その目的を達成し続ける役目を担っています。更には、屋外広告物適正表示宣言事業所認証制度を作り、美しい街作りに賛同してくれ、取り組んでくれる事業所を募集することにしています。京都市では、そこまで厳しいのかと言われるまでの規制を行なうことで、美感を損ねない街作りに徹しています。ひとつ甘やかすことで、全てに悪い影響が及ぼしてしまうと言う観点から、今のような制度になったとも言われます。いずれにしても、世界の観光都市ですから、訪れる人は納得のいくものになっているのでしょう。

京都で看板を掲げるときの注意点

京都市では都市の条例の一つで景観条例という条例が制定されています。これは奈良市も同様なのですが、歴史的な景観を守るために景観を損なうような高層マンションや高層オフィスビルの建築を禁止している条例です。この景観条例の中では街並みを損なうような看板を掲げることをやめましょうと謳われています。具合的には赤色や青色などの派手な色を使った看板を掲げてはならないとなっています。お店を立ち上げたり、リニューアルする際にはショップサインなどに注意をする必要性があります。京都でこれらのショップサインなどを作成する際には事情に詳しい地元の業者に作成を依頼することをお勧めします。お店のロゴマークなどに使えない配色や使えない形状などがある場合に地元の業者ならきちんと対応して代替え案を提示してくれます。京都で看板を作る必要があるなら必ず地元の業者に依頼することをお勧めします。

京都の看板はネット通販で

いざ起業し、会社を設立し、事業を立ち上げる時に必要なのが宣伝です。その役割を担うのは、零細企業であれば社長が営業に出ます。社長でなくても、営業マンは必須の存在です。そんな営業をサポートし、補助してくれるのが、広報です。広報はダイレクトメールや来客応対といった仕事だけでなく、看板を作る仕事もあります。でも、その看板制作は、専門の業者に依頼するのが1番です。その業者の中でも、京都のショップが大変信頼できます。なぜなら、京都のショップの多くでは、看板企画やデザイン提案をしてくれるところがあるためです。その後に、制作に入り、出来上がると施工完了となります。しかも、この京都のショップはネット通販を行っています。そのため、かなり安く買い物ができます。商品の配達も、基本的に業者か運送業者が、トラックで持ってきてくれるため、大変便利です。

様々な情報を取り揃えた、京都の看板についての詳細を御紹介!