京都で看板を立てるなら必見

京都は文化都市として世界屈指の観光地の地位を築き上げてきました。そのため、看板や建物の高さには制限があります。赤を基調としたカラーで有名なお店であっても、京都では茶色の看板にしています。赤いと日本の街並みからやや浮いてしまうのですが、茶色だとよく馴染むということです。すなわち、看板は派手な物よりも落ち着いた色合いの方が京都の街並みには合います。これは企業からすれば面倒な問題にも見えます。しかし、観光客のたくさん来る文化都市に出店するメリットは大変大きいので、企業は看板のデザインを新たに考案してまでお店を出そうとします。また、デザインが非常に人気になることもあります。街並みに合わせたデザインは優れた物になることが多く、そこからお店の売り上げがどんどん増えてくることもあります。苦労してでも出店したい街と言えます。

全国一厳しい看板規制のある京都市

京都市の景観条例は非常に厳しいことで有名です。建物の高さに制限が加えられているので、東京と同じように高層マンションの建設もできません。また、看板を出すときにもいろいろな条件を確認してからにしなければ、撤去命令が出てしまうので大変です。ですが、抜け道がないわけではありません。看板について言えば、屋外に設置されているもののみが規制の対象となります。ガラス張りのビルなら、屋内に看板を設置することで道行く人たちに宣伝をすることは可能です。今のところ規制されるのは屋外の看板のみですから、工夫をすれば以前と同じような効果を期待することは不可能ではありません。ただ、この条例は景観をよくしようという目的のために定められているものなので、あまりにも景観を壊してしまうようならやめておくのがいいですね。チェーン展開する大手企業の看板も、京都だけはデザインが変わっているケースが多いです。

京都にもたくさんの看板があります。

神戸にも繁華街に行くとたくさんの看板が立っていますが、京都にも同じようにたくさん道端に立っています。これらはどこで作られているだろうかと考えたことがあります。多くは街の業者のようです。しかしネットで検索してみるとネット上にこれの通販サイトが存在することがわかりました。まさかこんなものが通販で販売されているとは考えたことがなかったので驚きました。ネット通販の場合、デザインはどうするのかと言うことになりますが、ネットでデザインをサイトに送ることになるわけです。その送ったデザイン通りに看板が出来上がりそしてそれを送ってくれるわけです。最近は何でもネット通販で買えます。これを使いだすとその便利さがわかり、買い物に行くのが面倒になり何でも通販で買うようになる人が多いようです。看板に関してもこれからネット通販を使って作る人が増えるのではないかと思われます。

様々な情報を取り揃えた、京都の看板についての詳細を御紹介!